MENU

くるぶしの色素沈着の病院での治療について

くるぶしの色素沈着は、病院で皮膚専門のドクターに相談をして、良い治療を受けて治す頃ができます。くるぶしの色素沈着は汚れているわけではなく、生活の中での摩擦が原因です。病院でくるぶしの色素沈着を治療するとしたら、基本的には塗り薬と内服薬でのケアになります。

 

状態を病院でドクターに診察してもらい、くるぶしの色素沈着改善に良い医薬品を処方してもらいましょう。色素沈着の治療には良く、ハイドロキノンの塗るタイプのクリームが処方されます。ハイドロキノンのクリームは小さなチューブタイプであり、塗る量もほんの少しですが、別名は肌の漂白剤です。

 

医療機関の皮膚科で処方されるのは、成分濃度の濃いタイプですから、塗る量や回数は、必ず守りましょう。ハイドロキノンのクリームは、皮膚科などでの処方で、説明をきちんと聞いて理解した上で、自宅でケアをします。強力な薬剤の成分ですから、数ヶ月に渡る長期的なケアには向いてはいません。

 

しかし数週間も使うと、黒ずんだ部分が薄くなってきますから、それほど長期間のあいだ使う必要もありません。くるぶしの肌の色が明るくなってきたら、やめて大丈夫なお薬です。内服薬として病院では、ビタミンCなどの、飲むタイプの医薬品を処方してくれるケースもあります。

 

全身に良いものですし、肌のターンオーバーも促進してくれます。塗り薬で的を絞ってケアをしながら、内服薬で内側からのケアもしていくのが、最も効果的です。