MENU

くるぶしの色素沈着を自分で改善する方法

体の肌もお手入れが不足していると、黒ずみが生じたり、肌荒れなどが進みやすくなってしまいますが、改善のためにはその原因も知っておくことが大切です。

 

くるぶしも色素沈着が起こりやすい場所ですが、黒ずみの原因は何らかの刺激、摩擦によって起こることが多くなっています。くるぶしの場合はスニーカーなどの靴の履き口が当たってしまうと起こりやすくなりますし、靴下やスパッツ、タイツなどの擦れでも色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

 

改善のためには靴や靴下などもより肌に優しいものを選んだり、履き口がくるぶしに当たらない靴を選ぶなどがあげられます。一度色素沈着が起きてしまった部分は改善にそれなりに時間がかかりますが、毎日のお手入れでより早く回復させることもできます。自分で行える方法としては、保湿やピーリングがあります。ピーリングはクリニックなどでは本格的な施術が行われていますが、ピーリング効果のある石鹸、ローション、ジェルなどを利用すれば、自分で行うことができます。

 

くるぶしの色素沈着の原因はターンオーバーの機能が衰えていることもあげられますので、角質ケアもしっかり行っておきましょう。そして自分で行えるケアとしては保湿がありますが、通常のボディ用のローションやクリームはもちろん、美白効果の高いものを利用すればより高い改善効果も期待できます。

 

血行を良くすることもターンオーバーの促進に役立ちますのでお風呂で温めたり、マッサージを行うことも効果的です。